政務調査費の領収書公開に関する考え方について

 政務調査費は議員が政策を作ったり、行政をチェックするのに必要な調査をするための費用です。
 行政の何にをチェックするのかというと、法令違反や、無駄遣いがないかということが主になります。 行政が無駄遣いしていないかどうかをチェックするための費用が無駄に使われているとしたらおかしな話です。
 無駄に使われていないかどうか、何に使われているかを明らかにする方法として領収書の添付があります。現在東大阪市では領収書は会派で保管しておくだけでよく、公開されていません。
 情報収集の過程が明らかになると、相手方に迷惑がかかるなど特殊なケースがあるのも事実ですが、これは例外です。
 東大阪市では毎月議員一人あたり20万円の政務調査費が支給されますが、これは厳密にいうと、政務について調査研究するための費用として市民から「お預かり」しているお金です。自治会や子ども会やPTAなどの運営経費を会員から預かって活動しているのと同じです。預け主が何に使っているのかわからないというのは変です。
 使い道について正当かどうかは市民が判断することです。公開できない部分があればそれも金額を明確にし、理由を明らかにすべきです。また1円単位まで厳密に収支作業するのは膨大な作業量になり、本来の活動に支障がでるとの意見もあります。公開の趣旨は何に使われているかを明らかにすることであって、1円単位まで透明にすることにはあまり意味がないと私は思います。
 大切なことは公開を通じて、市民が自分たちの選んだ議員の活動を知ることです。使い道について議員と市民が対話することで議員も市民の新鮮な目線に触れることができるし、また市民も議員の日頃の活動の中身を知ることができます。そのことが議会制民主主義をより充実したものにすると思います。
 現在は会派ごとに収支報告(年一回)されており、会派で決定しないと領収書の公開はできないとの理由もありますが、調査費の主旨を理解している議員さんなら、自分が毎月政務調査費として使った分の領収を公開できると思います。会派や議会全体が公開に踏み切らないでいるなら、まず一人から始めることも可能です。そして公開する議員さんが増えることで会派や議会全体の公開へとつながると考えます。
 この問題については今後も動向を見つめ報告していきたいと思っています。
.